WordPressをつかう【50才のおじさんのブログ作成奮闘記#02】

こんにちは 2021年5月末よりブログを始めたド素人ブログ初心者50才のおじさんのはちわれです

ここまでに至るプログ記事をだせるまでを素人だからわかりやすく(初心者目線)皆さんに伝えられるかなと思い書きます(まだ数記事しか配信してません(笑)

前回の続きでブログをするには

①レンタルブログ(無料ブログ)をつかう 
②WordPressをつかうと書かせてもらいましたが

今回は後者の②をご説明します

スポンサーリンク

まず、WordPressとは

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
簡単に言うと自分でブログ・サイトを作れるソフトウェアです
 

インターネット上のすべてのウェブサイトの40%がWordPressを使用していると言われています。

WordPressが人気の理由

  • 無料で手に入る
  • 記事の追加・更新がしやす
  • 拡張性・自由度が高い 
スポンサーリンク

WordPressのメリット

 
カスタマイズ・デザインの自由度がハンパない!
 
②無料ブログと違い、利用規約に縛られないため収益化の幅が広い    
 
②検索に強いブログにできる
 
③ブログのみならずHP(ホームページ)としての使用も可能
 
④スマホにも対応している
 
⑤無料ブログと違いブログ削除のリスクがない
 
⑥WordPressは利用者が圧倒的に多いため、使い方やカスタム方法などの情報もインターネット上で数多く発信されていて、本などを購入しなくても、ネットに落ちている情報だけでほとんどの課題を解決することができます
 
 
まだありますが簡潔に書くとこんな感じです
 
 
 
 
 
 
 
 
で、前回の
レンタルブログ(無料サービス)をつかう は、
わかりやすく説明するとマンションの1室を無料で住んでいるような感じですと言いましたが
この内容については前回の記事をご覧ください
 
WordPressをつかうということは
持ち家に住んででいるような感じです
ですから、壁をこわそうがや外観の色を変えようが自由です
 
 
持ち家を大きく分けると次のようになります
 
 家=WordPress(無料)
  
 
 
 
 
 
 

 

    住所=ドメイン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
土地=サーバー(有料)
 
 
 
 
 
 
これをふまえて次のデメリットについて説明します
 

WordPressののデメリット

 
維持費がかかる  
 
前の説明でしたようにWordPressを持ち家と例えると、家(WordPress)は無料ですが
土地(サーバー)住所(ドメイン)にはお金かかります
こちらはどの会社を選ぶか・どのプランを選ぶかによりますが、
 
 自分は始めたばかりなので併せて月額1,200程度くらいのを選びました 
 
②多少の知識が必要
 
③セキュリティ問題に気を付ける必要がある
 
④表示速度が遅くなりがち
 
HTMLで作られたサイトはHTMLファイルをサーバーから読み込むだけなので表示速度が比較的早いです。
しかし、WordPressはページにアクセスがある度にデータベースからデータを呼び出しファイルを 生成する動的なサイトのため、データベースの処理が遅くなるとサイトの表示速度が遅くなりがちがちです。
 
⑤お問い合わせ・サポートがない
 
自分的には②③⑤は、メリットの⑥にあげましたがWordPressは利用者が圧倒的に多いため、ネットに落ちている情報だけでほとんどの課題を解決することができるのではないかと思ってます
 
 
こんな人におすすめ
  • WordPressのノウハウを得たい
  • デザイン性・カスタマイズ性重視
  • 本気で収益化を目指す
  • 自分で問題を解決するのができる人(向上心がある人)
 
 
 

まとめ                     

本気でブログをしたい、自分の思うようなサイトをつくりたいと情熱がある人は、WordPressを使ってのブログを自分はお勧めします(/・ω・)/
 
人によって違いますのであくまでも参考記事ということで(笑)
 
観て頂きありがとうございました
 
 

ブログ初心者ブログ記事が出せるまでの奮闘記
スポンサーリンク
はちわれブログ
タイトルとURLをコピーしました